断続的音楽生活

どうやったって 縁は切れないようにできている
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
Ottorino Respighi [Feste Romane]
数年ぶりの更新。
ちょっとした用事で、東京都交響楽団のyoutubeチャンネルを見ていて発見。

ローマの祭り(wikipedia)

プロオケでこんなのやるんだ、すげえ、と思ったら、この日のプログラムは吹奏楽好き向けかと思うようなプログラムでした。
こんなプログラムをやっていたことすら数ヵ月後に知ったわけですから、もちろんこの動画からしか、どんな演奏だったのかを知る術はありません。
同じ都響チャンネルを見てみても、こんなに打楽器の多いじゃかすかした曲はないので、ある意味違和感。

この曲は高校1年生のときに吹奏楽コンクールの自由曲として演奏し、この年は県大会を通過しブロック大会まで進出しました。
厳しい練習の日々で、苦しい思いをした思い出が大きいですが、今でも自分のパートをドレミで歌えます。
確か3年生のときの自由曲もこの曲じゃなかったかな…この時に演奏したパートはあんまり覚えていません。
飽きるほど聞いた曲ですが、数年ぶりに聴いて、頭の中でずっとサウンドが鳴り続けています。
クラシック音楽では、この曲よりも好きな曲はたくさんありますが、高校生活の中では思い出深い曲です。

では下の動画。
ユージン・ツィガーン指揮、東京都交響楽団の演奏で、「ローマの祭り」より「主顕祭」のみ収録されています。
| classic | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | |
番外変 〜おひさしぶりね〜
どうも、お久しぶりでございます。

気がつけば2年も放置していました!!

最近のブームは「東京事変」

それゆえ、番外「変」なのです。

ポップス?ロック?厳密なことは分からないのですが、ヴォーカル、ギター、ドラム、ベース、ピアノまたはキーボードの5ピーースバンドです。

好きなところは、ベースラインに時々「んっ?」と思うリズムが入ってきたりとか、ピアノが浮いてくるところとか です!

とくにピアノはハマってます!

林檎さんのヴォーカルも素敵ですが、ヴォーカルだけ聞いていてはもったいないバンドなのだなーと思います。

島根出身刄田綴色さんのドラムもとっても素敵です。ドラムをたたく時の没頭感が好きですー

今後もハマる予定ですー
| - | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | |
mama!milk [Lamb nad Mutton]


半年近く放置しました。
ってこれも何回書いたんだろう。

この半年の間にたくさんCDを買いましたが、THRILLのように直感でストライクど真ん中ズドーンってのはありませんでした。

だけどそれは悪いことではなくて、世の中こんなのもあるんだっていう発見がすごく多い半年でした。

今回のmama!milkは、CDからではなくて、ライブに行って興味を持ってCDを買いました。

知人がすごく好きだって行ってて、たまたま行ったカフェで告知チラシを見て、無意識に後日チケット買ってました。

当日もすごくタイトなスケジュールだったのに、やっぱやめよ ってなんでか分からんけど全く思いませんでした。

で、mama!milkさんたちはアコーディオンとウッドベースのユニットで、ジャンルとしては「室内楽」だそうなんですが、あたしの価値観の中にある「室内楽」に収まりきらなくて、あまりに不思議だったので、「strange」なーんてゆうカテゴライズにさせていただきました。

変ってわけじゃないよ。不思議っていうの。

ライブに行ったのは9月あたまのことで、夕方からのライブだったけどまだ少し暖かかったです。蚊にかまれて気が散ったなぁ***

薄暗いところでのライブは、アコーディオンの生駒さんがとても幻想的で綺麗で、「目を奪われる」っていうのはこういうことかー…と思いました。

曲は…秋の月夜にぴったりな、不思議で幻想的で、この世から離れてしまいそうな奇妙さだと思いました。

今回はデビューアルバムを買ったので、デビューアルバムの画像をアップしました。

曲は以下の動画を一度見てみてください。きっと人によって受ける印象がすごく違うんじゃないかという気がして、ちょっと楽しみ。

この動画のライブ会場は、これまた気になっている福山市のカフェ「&’s」(アンヅ)です。行ってみたいなぁ。

カフェの話はこのブログではしないのでガマンガマン。。。

| strange | 23:29 | comments(37) | trackbacks(0) | |
GARY BURTON &小曽根真[VIRTUOSI]


先日、お仕事でお会いした音楽事務所さんから、こんなCDを送っていただきました。

小曽根さんは先日、TSUTAYAでCDを借りたばかり、そして巨匠ゲイリー・バートンのヴィブラフォンと共演とは、きっとカッチョイイのだろうと思い、早速聴いてみました。

曲目なんてどうせ知ってる曲はないだろうからと思い見なかったのですが、しょっぱなから耳に覚えのあるフレーズ。

「クープランの墓」です。

本当はこの曲、「クープランを称えて」というような意味だそうですが、音がころころしてるというか、流れるようなメロディがさすがのラヴェル、といった感じで大好きな曲の一つです。

ヴィブラフォンで演奏されているのは聴いたことはなかったはずなのに、とってもなじみの良い、違和感ゼロの組み合わせでした。

ですがやはり、ジャズの即興部分というのは、音だけで聞いていると、長ければ長いほど退屈してくるもの。

音感ないから、どんだけすごいことしてるかとか、正直わかんない。
アドリブはそこそこに、テーマで聞かせて欲しいなと思いました。


6曲目の「ソナタK.20」も可愛らしくてとっても素敵。

ピアノとヴィブラフォンと言ったらジャズ、なあたしの耳には意外であり、それでいて「可愛らしい」と思える新鮮な組み合わせでした。

曲目は以下↓

1. 「クープランの墓」~第1曲 前奏曲
2. 「遠足」~第1曲 作品20
3. 前奏曲 第8番 作品32の8
4. ミロンガ
5. 前奏曲 第2番
6. ソナタ K.20
7. 「スリー・リトル・オディティズ」~即興曲
8. 「ヘ調のピアノ協奏曲」~第3楽章
9. 歌劇「ラクメ」メドレー:子守唄~二重唱
10. 奇想曲 ロ短調 作品76の2
11. サムシング・ボロウド,サムシング・ブルー

クープランの墓、こんな曲です。
| classic | 12:43 | comments(2) | trackbacks(0) | |
菊池成孔[CANSONS EXTRAITES]


ずっと前にどこかで一度だけ聞いて、かっこいいなぁって思って携帯にメモったんだけど、それからご縁がしばらくなかった方。

今日たまたまTSUTAYAに行ったら見かけて、レンタルであるのならぜひ!と思って借りてみたのです聞き耳を立てる

ジャケットがこんなんだし、ジャズのコーナーで見つけたCDではなかったし、正直ずっと前にメモしたのもどんなところが気に入ってメモしたんだったかも忘れていたので、ハズレだったら…と一抹の不安を抱きながらレンタル。

Wikipediaで調べてみても、なんだか変わった方なのかしら??という印象を受けるし、どこかのスタイリストさんですか?みたいな外見だしで、不信感満載…で聞いてみると、とっても聞きやすい、入っていきやすい曲ばかりでした。

シャンソン とは書いてありますがサンバもありますし(・ω・)

あんまり重たくない感じでしたよ、いい意味で。

久々の試食的チャレンジでしたが、大ヒットおはなでした。

朝の目覚めに聞いてもいいし、午後のティータイム(コーヒータイム)に甘さ控えめのスイーツとともに聞いてもいいし、って感じです。

サンバもスローテンポな曲もどれも重すぎず、空気に馴染むいい濃度で作ってあります。
菊池さんまた借りてこよっと。

参考までに、オフィシャルサイト
| sax | 01:52 | comments(0) | trackbacks(0) | |
THE THRILL[08]
THE THRILL [08]


はじめましてのアルバムでこんなにアドレナリンが放出されたことはない!!

どうして今まで出会わずにここまできたんだろう?っていうくらいあたしのストライクゾーンど真ん中のバンドです!!

1990年に結成、紅白出たりとかFuji Rock出たりとかしてるみたいです。
見た目かっこいいのももちろんなんだけど、曲のタイトルが狂気で、そういうとこも超好き!!

テナーサックスのYUKARIEさん、手足長くて長身でかっこよいです。
ああいうふうに吹きたい!!

今後も大注目。超かっこいいです。
まだ全部聞いてないけど、第一印象で大興奮だったため、つい更新しました。
では、アルバム2曲目「Echo」どうぞ。

| jazz | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スガシカオ[sugarless]
一ヶ月以上あいてしまいました。

これぞ、「断続的」ですね。

今日はたまたまテレビで見て、思い出したので書きます。

この曲は、初めて聞いた時はスマップの木村拓哉のカバーバージョンでした。

妙にひねった歌い方が、これはきっと誰かの真似だなと思ってたんだけど、それがスガシカオだったってことはだいぶ後になって知りました。

そしてついさっき、その曲が彼の初めて作った曲だということを知りました。

スガシカオ、あんまり声や歌い方好きじゃないんだけど、この曲は彼の声、彼の歌いまわしだからこそ生きるんだと思います。

このアルバムは全部聞いたことはないけど、この曲は歌詞が特に。好きです。

スガシカオ[ココニイルコト](画像クリックで動画にいける…かな?)



歌詞はこちら

愛する人は抱き合うたび 涙を流す ふるえる指を包んでもあなたの悲しみを知るには足りない

別れの瞬間は闇をつたって やがて思い出のすべてを痛みに変える

このへんが好きなあたしは病んでいるのか、病んでる状態に憧れてるのか、

さあ、、、?

キムタクバージョンは微妙にメロディの音が違います。youtubeには動画ありませんでした。残念ながら(^皿^)
| J-POP | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Mi-Bemol Saxophone Ensemble[Arle Premiere]
またまた、間があいてしまいました。
とはいえ、このブログ、そんなにアクセス数があるわけでもなく…マイペースにぼちぼちいこうかと思いますホットコーヒー

前回までの投稿でJ-POPが2つと、早くもネタ切れ?もしくはようやくカテゴリーがそろってきたかと思われましたが、今回でまたひとつカテゴリが増えました。

今回のものはどこにカテゴライズされるべきものか判断しかねたのと、「これは」と思ったからです。

Mi-Bemol Saxophone Ensemble[Arle Premiere]


バルトーク ルーマニア民族組曲
フランク コラール第3番
ビゼー アルルの女第1組曲
マスカーニ カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲
レスピーギ アッピア街道の松


ジャケットをよーく見てみてください。
そしてこの団体名。
そうです。全員サックスです。
この写真では18名で写っていますが、演奏会の様子を見ると、24人編成なんかもあります。
団体名の由来は、アルトサックスやバリトンサックス、もっと言えばソプラニーノサックスなんかがそうなのですが、「ド」の音がE♭であることからきているそうです。
Mi=「ミ」 Bemol=「♭」で、「ド」の音を吹くとピアノでいうところの「ミ♭」が出るのはサックス族の特徴のようですね。

そして肝心のCDの中身ですが、正直すべてサックスの音色だと、酔いそうになります。
半規管がおかしくなりそうな感じです。
しかしこれが、不思議な空間を作り出しています。
オルガンのような、弦楽器のような…実際に出ている音以上の音が聞こえてきそうな、重厚な響きです。
もちろん高音域になれば華やかでパリっとした音色も聞こえてきますが、全体的にはとても厚みのある、他の編成に例えるのが難しい濃厚な空気に包まれます。

サックス24重奏、百聞は一見にしかず。
とくとご覧ください。
今回ご紹介した、あたしの持ってる「Arle Premiere」は、大学生の時、サックス5重奏でやった「ルーマニア民族組曲」の参考音源のために購入したのですが、ルーマニア民族組曲はもちろん、「交響詩『ローマの松』より『アッピア街道の松』」もとても不思議な空間になっていて、最初聞いたときはとても違和感があったものですが、これも味かな、と思います。
公式サイトには上記どちらの動画も掲載されていませんでしたので、こちらもおなじみ「組曲『惑星』より『木星』」を聞いてみてください。
クラシックファンが好きそうなところが凝縮されています。
もちろんみんなが知ってるあのフレーズも。

それでは、不思議空間へいってらっしゃい(^^)/
Mi-Bemol Saxophone Ensembleホームページ(WEB THEATERへどうぞ)
| sax | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) | |
aiko[KissHug]
一週間以上放置してしまいました。。。

何にしようかな〜ってずっと考えてたんですけど、大好きな曲をやっぱり書きたいと思ったので、ずっと出したかったけど隠していたaikoを今日登場させてみようと思います。



aiko[KissHug]詩・曲:AIKO 編曲:島田昌典
1. KissHug(映画「花より男子F(ファイナル)」挿入歌 つくしのテーマ)
2. 線香花火
3. 水とシャンパン

aikoの曲って、変わったメロディーが多い印象でしたが、今回のシングルはどの曲もそこまで変わったメロディーはなかったように思います。
あまりメガヒット曲はない彼女ですが、新曲を出せば音楽番組に出、ファッション誌などにインタビュー記事が掲載され、たくさんは売れなくてもコンスタントにニーズのあるアーティストってすごいなと感じます。
今年でデビュー10周年です。今後も、特に「変なメロディーの歌」に期待しています。

ところでこの度は映画「花より男子F(ファイナル)」のつくしのテーマということですが、「花より男子」はドラマの頃から見ていました。
もちろんコミックも読みましたが、やっぱりつくしのテーマはaikoでないと!!と思っていたら実現しちゃったのでこれにはびっくりしました。
好きなドラマの映画化と、その映画と好きなアーティストのコラボに小躍りしちゃう気分です。
こりゃ劇場に見に行かんとなぁ。と思っているのですが果たしてどうなることやら。。。

こちらのオフィシャルホームページでPVをワンコーラス分だけ見ることができます。
涼しい顔して歌うaikoより、歌が大好きで歌ってることが幸せ〜って顔しながら歌うaikoのほうが断然おススメではあります。
| J-POP | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) | |
椎名林檎[私と放電]
先日、新しく仕入れました。
椎名林檎は10年前、私は中学校3年生でしたが、「ここでキスして。」に大変ハマりアルバム「無罪モラトリアム」を買った記憶があります。
思えば初めて買ったJ-POPアルバムだったかもしれません。

初めて買ったCDが椎名林檎。なかなか擦れた子どもでした。

そんなことはさておき、最近東京事変も好調な彼女がニューアルバムをリリースしました。



椎名林檎[私と放電]
disc1-1 すべりだい ―「幸福論」/1998.5.27
disc1-2 アンコンディショナル・ラブ ―「歌舞伎町の女王」/1998.9.9
disc1-3 リモートコントローラー ―「ここでキスして。」/1999.1.20
disc1-4 眩暈 ―「ここでキスして。」/1999.1.20
disc1-5 輪廻ハイライト ―「本能」/1999.10.27
disc1-6 あおぞら ―「本能」/1999.10.27
disc1-7 時が暴走する ―「幸福論」/1999.10.27
disc1-8 Σ ―「ギブス」/2000.1.26
disc1-9 東京の女(※ルビ:ひと) ―「ギブス」/2000.1.26
disc1-10 17 ―「罪と罰」/2000.1.26
disc1-11 君ノ瞳ニ恋シテル ―「罪と罰」/2000.1.26

disc2-1 メロウ ―「絶頂集」/2000.9.13
disc2-2 不幸自慢 ―「絶頂集」/2000.9.13
disc2-3 喪@CINコ瑠ヲュWァ ―「絶頂集」/2000.9.13
disc2-4 愛妻家の朝食 ―「真夜中は純潔」/2001.3.28
disc2-5 シドと白昼夢 ―「真夜中は純潔」/2001.3.28
disc2-6 意識〜戦後最大級ノ暴風雨圏内歌唱〜 ―「茎(STEM)」/2003.1.22
disc2-7 迷彩〜戦後最大級ノ暴風雨圏内歌唱〜 ―「茎(STEM)」/2003.1.22
disc2-8 la salle de bain ―「りんごのうた」/2003.11.25
disc2-9 カリソメ乙女 (HITOKUCHIZAKA ver.) ―「この世の限り」/2007.1.17
disc2-10 錯乱 (ONKIO ver.) ―「この世の限り」/2007.1.17
disc2-11 映日紅の花 ―「売笑エクスタシー」/ 2003.5.27

このたびは2枚組のアルバムで、どうやらシングルのカップリングを集めたものらしくシングルをすべて持っている人にとってはただのコレクションアイテムにしかならない…というコメントもamazonに載っていましたが。
10年ぶりに椎名林檎(ソロ)にハマった私にとってはとても嬉しい一品でした。

特に気に入ったのは「あおぞら」
椎名林檎っぽくない…と言っては語弊があるかもしれませんが、平和なメロディーと落ち着いた歌詞が心に響きました。
youtubeにはライヴヴァージョンもありましたが、こっちのゆっくりテンポの方が好きです。

世界でいちばん輝いてる人は 努力してるって教えてくれたね
ねぇ 見てる?ほら 星が光ってるのを 明日は心も空も素敵なあお


| J-POP | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS