断続的音楽生活

どうやったって 縁は切れないようにできている
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
very best of PUNCH THE MONKEY! in the mix
狙ってやってるんじゃないか ってくらい アンダーグラウンドな、知ってる人にしか分からないようなものが続きます。

いやそんなつもりは…ちょっとあるけど(^皿^)

みんなが知ってる曲を「素敵だね」って言ってもしょうがないしね豚


今日はこれ。



[very best of PUNCH THE MONKEY! in the mix]
1. interlude
2. ルパン三世’78(東京スカパラダイスオーケストラ)
3. サンバ・テンペラード(cinema-edit)(岩村学)
4. ラヴ・スコール(PANSASA Love Anthem mix)(パンダとササノハ)
5. ルパン三世’80(Sunaga t Experience 9849 mix)(須永辰緒)
6. ルパン三世 愛のテーマ(空想Live mix)(タジマタカオ)
7. ルパン三世’78~アフロ・ロック・テーマ(どうしちゃったのルパンmix)(サワサキヨシヒロ)
8. ルパン三世’78(WALTHER P99 mix)(松浦俊夫)
9. スーパーヒーロー(8-bits wonder mix)(ジ・オレンジャーズ)
10. interlude
11. ルパン三世’78(Melting Version)(香取良彦ジャズオーケストラ)
12. ルパン三世主題歌[1//2](readymade all that jazz! )(小西康陽)
13. 未収録BGM 45&46(RIVIERA MIX)(DJマックスウェル・フィーチャリング・VIP 200)
14. ルパン三世のテーマ(ヴォーカル・ヴァージョン)(クレイジーケンバンド)
15. ラヴ・スコール(M&M Bossa Bass Space)(マンデイ満ちる)
16. ルパン三世’97(readymade 440 mix)(DJよしお)



ハウスやHIP HOPなんて聴かないのですが、ていうかどういうジャンルすらも分からないのですが、これは岡山のヴィレッジヴァンガードの店内でかかっていて、「今かかっているのはコレ」っていうポップに負けて買っちゃったんです。

なにより、東京スカパラダイスオーケストラのLupin the '78に釣られたあたしなのですが、聴いてみると小西康陽さんとか須永辰緒さんのリミックスがかっこいい。

リミックスってなに?

ていうかこの人たちどういう職業の人なの?

と思っていましたが、職場にそういうのが好きな人がいまして。

この二人の名前を出してみたら大興奮していたので、もしや精通している人なのかしら、と直感で訊ねてみたところ、この人たちの職業は「DJ」というんだそうです。

DJってこういうことをするのね。

ちなみに「リミックス」が何かは、訊きそびれました。




それくらい、何も知らない私。
でもかっこいいってのは思ったよ。
それ以来、ハウスやヒップホップに手を出すようになったかといえば…そうでもないんですけど(^^;

てかハウスってなんだ(・・;

今回は、残念ながらこのCDに入っている曲を見つけることができませんでしたが、原曲で一番あたしが好きな曲「ラブ・スコール」を載せてみます。
サンドラ・ホーンの声がキュート&セクシーで素敵です。

| compilation | 01:15 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Luca Luca Don Chikku [Happy End]
前回の記事をupした時、久々に「たなばた」をフルで聴いたので、少しハマりましたおはな

一曲が3〜4分の曲がメジャーな今の世の中、7分程度の曲は聴くのがしんどい方が多いのかなぁと思います。
CDや動画の場合、早送りもできちゃうのでさわりだけ聴いて…ということも少なくないのでは。。。
冒頭、テーマ、中間部、再現部…って展開を意識しながら聞いていくと、7分なんてすぐですひらめき
オーケストラの曲が40分だの50分だのあることを考えれば、ほんとすぐですGO!

素敵フレーズがいっぱい埋め込まれてるので、フルで楽しんでみてくださいねニコニコ


さてさて今日は、こちらを紹介。




Luca Luca Don Chikku [Happy End]

このアルバムとアーティストとの出会いは、あたしの大好きなとあるカフェで。
店内でかかっていて、お店で販売していたのです。
あたしの記憶では、知り合いから置いてって頼まれたからここで売ってる…っていう感じだった気がしますが、まさかアーティストご本人と知り合い、ってわけは…ないよな…ひやひや

詳しいことはオフィシャルページにありますが、なんと美術作家さんだそうです。
そしてとてもやわらかくて透き通った声が聴こえてくるので、てっきりふわふわ系女性だと思いきや、なんと男性でしたたらーっ
それにしてもこのアルバム、何のジャンルに分けたらいいのか分かんない不思議なアルバムなのですが、そしてこういったジャンルは初めて聴いたのですが、なんというか抵抗なくすーっと入ってきたんですよね。
今オフィシャルページを調べたら、これ以外にアルバムは出されていないようです。
ぜひぜひ他の曲も聴いてみたい…そしてライブはどんなんなのか、気になるところです。

さわりだけ視聴もできるので、ぜひ聴いてみてくださいdown
Luca Luca Don Chikku
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The Seventh Night of July
祝記念すべき最初の投稿は… こちらひらめき

たなばた The Seventh Night of July


作曲:酒井格

本当はこのブログを立ち上げた日にでも紹介したかったのですが、2日遅れの逢瀬となりました。

この曲は、確か2003年の岡山県大学吹奏楽フェスティバルの合同演奏ステージで演奏した曲だったと思います。
岡山県内の吹奏楽連盟加盟の8大学が集まって開催するコンサートなのですが、6月の最終日曜日か7月の最初の日曜日に行われます。
なので、シーズンとしてもぴったりで、少し暑い夜に見上げる晴れの国おかやまの夜空は、星がきれいだったような覚えがあります。

冒頭のさわやかなテーマと中間部の織姫と彦星の恋を思わせるせつないメロディーの対比がもうロマンチックでたまらんですね。
曲中には「星」や「たなばた」から連想される曲のモチーフがところどころに使われていて、「きらきら星」や「スターパズルマーチ」のテーマがどこかに入っていたことくらいしか今は覚えていませんが、合奏中耳を澄ましていたものでした。

あんまりあたしの好みの作り方ではありませんでした(もっと落ち着きのない演奏がしたい笑)が、こちらで全曲聴けます。
downdown


2分ぐらい経過したとこからのアルトサックスのメロディーと、オーボエとアルトサックスのからみと、3分22秒のとこの音の動きが好きです。こまかいな笑

地元の吹奏楽団にはオーボエがないのですごく残念ですが、地元近郊の天文台で夜コンサートしてこの曲できたらすっげーーーーー感動だろうな☆

スコア、CDともにDe Haske社より出版。
| 吹奏楽 | 03:01 | comments(0) | trackbacks(0) | |
start
はじめましたぴかぴか

お気に入り曲たちをボーダーレスに、紹介していこうと、最初の決意です。

雑食なあたしの大好きな曲たち

チャイコフスキーもモーツァルトも、椎名林檎もキャンディー・ダルファーもearth,wind&fireも浜田真理子も。

ただ好きなことを書きます、すみません(^^;
| - | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS